口コミで評判!千葉の注文住宅メーカー・工務店を比較!

注文住宅とは?

    

注文住宅とは

 

マイホームを新築しようとする場合、大きく分けて注文住宅と分譲(建売)住宅の2種類があります。注文住宅は住む人の意見を取り入れて、建築士やハウスメーカーに設計を依頼して、施工会社に建築してもらう住宅で、分譲住宅は家がすでに完成している、もしくは完成直前の家を購入するものです。

時間をかけて、自分たちのこだわりを形にしたいという方は、注文住宅が向いていると言えます。注文住宅の最大の特徴は、様々な要望に対応できる自由度が高い所です。例えば、地震に強い住宅を建てたい、バリアフリー住宅にしたい、開放感があるリビングルームにしたいなどの、こだわりです。多くのこだわりを反映すれば、問題が発生する場合がありますが、プロが様々なアイディアを提案して解決してくれるので安心です。

 

デメリットとしては、購入プランを立てることから始まり、新築が完成して入居するまで、分譲住宅より時間がかかることが挙げられます。しかし、注文住宅には他にもメリットがあります。それは予算の調整と建築途中で建築現場を確認ができるという所です。予算の調整は、建築資材を自由に選ぶことができるので、ここが重要で手を抜きたくないという場所には費用をかけて、特にこだわりがない場所には最低限の費用をかけるという、調整が自分でできるという点です。

予算の調整については設計する前に、担当の方と徹底的に相談することで、自分の気が済むまで考えることができます。また、分譲住宅は多くの場合ですでに完成している、または完成直前なので建築途中を見ることはできません。注文住宅では工事中の現場を見学して、現場責任者に質問することが可能ですので、不安が少ない所がメリットだと言えます。注文住宅で分譲住宅でも、住宅性能表示制度というシステムがあり、第三者機関や自社で検査してくれますが、自分の目で確かめれば、より安心して建築を任せられるのではないでしょうか。注文住宅を依頼する前に、注意が必要になるポイントは土地があるかないかということです。

土地がない場合は、土地の購入と注文住宅の建築の工程が2つあるので、契約や費用の支払いが複雑になることが考えられます。さらに、土地の状態によっては、思うような住宅が建てられないケースもあるので、土地選びは慎重にすることが求められます。注文住宅を建てる場合、例えば千葉県で建てるなら、千葉県内で施工を行っていて信頼できるハウスメーカーや工務店探しから始めることになります。